Thanks is Happy!

事前確認

①電源を入れる/取り出す

電池を取り付けるときは、電池の保護カバーを外します。

電池を外した後は、電池に保護カバーを取り付けて保管しましょう。

デジタルカメラは思っている以上に電池を消耗するので、撮影が終わったら充電するようにしましょう。

旅行など、何枚も撮影するときは、予備の電池を持っておくと安心です。

 

②電源スイッチをONにする/OFFにする

電池の消耗を防ぐため、約1分間操作をしないと自動的に電源が切れます。

初めての時は故障かと思ってしまうかもしれませんが、仕様なので安心してください。

シャッターボタンを半押しすると、再び電源が入します。

 

③カードを入れる/取り出す

カードを入れる向きに注意しましょう。 

基本的に向きが合っていないと入らないようになっています。

入りにくいと思ったら、向きを変えて入れてください。

無理に押し込むとカメラ本体が壊れてしまいます。

メモリーカードについて

スポンサーリンク

④視度を調整する

視度調整つまみを回してファインダー内のAFフレームが最も鮮明に見えるように調整します。

メガネをかけずにファインダーの内部が鮮明に見えるように調整ができます。

視度調整をしても、ファインダーが鮮明に見えない場合は、別売りの視度補正レンズの仕様が有効です。

 

⑤カメラの扱い方

移動するときはレンズを下向きにしましょう。

壁などはもちろん、他の人の迷惑にならないように常に気を配りましょう。

ミラーやレンズ面には触れないでください。

手で拭くのはもちろん、ハンカチやティッシュでもキズがついてしまいます。

液晶はふいても問題ありません。

なるべく、雨や埃は避けましょう。レンズや本体の故障の原因になります。

レンズ交換はきれいなところでしましょう。

 

⑥レンズを取り付ける

レンズのダストキャップをカメラのボディキャップを外し、レンズとカメラの取付指標を合わせて、レンズを時計回りにカチッと音がするまで回します。

上手く取り付けられないときは向きを確認しましょう。

無理に取り付けようとすると、接続部分が壊れてしまいます。

→ レンズ名称

 

⑦レンズの取り外し

レンズロック解除ボタンを押しながら、反時計回りにレンズを回し、回転が止まったら取り外します。

取り外したレンズに、ダストキャップを忘れずに取り付けましょう。

取り外すときも、無理に取り外そうとせずに、確認して取り外しましょう。

スポンサーリンク

KUMISHASHIN │ 組写真

株式会社THANKs TEL 06-7713-1663 10:00~17:00(土日祝を除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社THANKs All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.