Thanks is Happy!

CMOSセンサー

CMOSセンサーとは

銀塩一眼レフカメラにおけるフィルムは、科学的な変化を利用して、像をフィルムに定着、記録していますが、デジタル一眼レフカメラは「撮像素子」が像を電気信号に変換しており、メモリーカードにその信号を記録しています。

キャノンのデジタル一眼レフカメラは、撮像素子として、「CMOSセンサー」(以下「センサー」)を使用しています。

スポンサーリンク

CMOSセンサーの役割

デジタルカメラの画素数はこのセンサーによって決まっています。

画素数が多いほど基本的に高画質になりますが、「高画素数=高画質」ではありません。

同じ画素数でもセンサーサイズが大きいほど画質は良くなります。

また、デジタル一眼レフカメラは光をセンサーによって電気信号に変換し、その電気信号は、カメラ内に搭載された「映像エンジン(画像処理コンピュータ)」に送られ、画像データ、つまり写真のデータに変えられ、記録媒体であるメモリーカードに保管されます。

これらの、「レンズ」「センサー」「映像エンジン」をわかりやすく例えるなら、光を集めるレンズは「眼」、光を受け止めるセンサーは「網膜」、映像をつくり上げる「映像エンジン」は「脳」にあたります。

デジタルカメラの性能判断は、これら3つのトータルバランスで見る必要があります。

CCDセンサーとCMOSセンサー

「CCD」という単語は聞いたことがある方も多いかもしれません。

昔は「イメージセンサーといえばCCDセンサー」というほどCCDセンサーが主流でした。

CMOSセンサーは後から登場し、一部のカメラに採用されていましたが、CCDセンサーよりもノイズが多い、画質が悪いと言われていました。

部品単価や消費電力の点からも、CCDセンサーがスマホやコンデジを含む多くのカメラに採用されていました。

しかし、近年開発された画期的なCMOSセンサーはCCDセンサーを上回る性能になり、スマートフォンやコンパクトデジタルカメラでもCMOSセンサーが採用されるようになりました。

現在では、ほとんどのカメラのCMOSセンサーに採用されています。

スポンサーリンク

KUMISHASHIN │ 組写真

株式会社THANKs TEL 06-7713-1663 10:00~17:00(土日祝を除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社THANKs All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.