Thanks is Happy!

お手入れアイテム

しっかりお手入れしよう

デジタル一眼レフカメラに限らず、デジカメは精密機器です

ホコリや汚れが原因で故障してしまうこともあるので、お手入れは必要になります。

ここではお手入れアイテムをご紹介します。いい写真を撮るためにも、カメラに愛情を注いであげましょう。

スポンサーリンク

ブロアー

ブロアー

デジカメ(特にデジイチ)を手入れするのに必須アイテムです。

ブロアーはカメラ本体やレンズについたホコリを吹き飛ばすのに使用します。

ホコリぐらいサッと拭いてしまえばいいと思うかもしれませんが、ホコリをティッシュなどで拭くと確実にキズになります。

ホコリなら細かいキズですみますが、細かい砂などの場合は深いキズになります。

普段からブロアーで吹き飛ばす癖をつけておくと、カメラ本体やレンズをキレイな状態で保つことができます。

100均などでも手に入りますが、500円程度のものを購入しておくことをおすすめします。

 

家で手入れするものと、外で撮影時に使うものと使い分けると便利です。

クリーニングクロス

クロス

こちらはブロアーほど必須になりませんが、用意しておくと良いと思います。

レンズや液晶画面を拭くときに使用します。

ティッシュや服で拭いてしまうとキズになってしまうので、クリーニングクロスで拭き取ると良いでしょう。

ただし、クリーニングクロス自体に砂埃がついていたり、きつく拭いてしまうとキズがつくので注意しましょう。

 

価格が高いものの方が肌触りがよいですが、そこまで高価なものを用意する必要はありません。

まとめ

繰返しになりますが、デジタルカメラは精密機器です

落下時の衝撃はもちろん、ホコリも故障の原因になります。

また、レンズにキズが付いてしまうと、撮れる写真にも影響があります。

カメラ本体もレンズも高価なものなので、しっかりと手入れして長持ちさせましょう。

クリーニング液や専用キットなどもあります。

汚れがかなりひどい場合はそちらを使用すると良いですが、普段のお手入れには必要ないと感じるので、ここでは紹介しません。

クリーニング液などは使用法を誤ると逆に汚れになります

スポンサーリンク

KUMISHASHIN │ 組写真

株式会社THANKs TEL 06-7713-1663 10:00~17:00(土日祝を除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社THANKs All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.