Thanks is Happy!

RAW現像ソフト

RAW現像ソフトとは

デジタル一眼レフカメラをはじめ、デジタルカメラで撮影した写真は「RAW」と呼ばれる形式で保存されます。

「RAW」とは「生」・「未加工」という意味で、「JPEG」のように色調補正などの処理をされていないという意味です。

処理をされていないということは、撮影後の調整で色々な補正がしやすいということになります。

そんな「RAW」画像を編集することを、フィルムカメラの「現像」を用いて、「RAW現像」といい、「RAW」画像を編集するソフトを「RAW現像ソフト」といいます。

現在では様々なRAW現像ソフトがあり、どれを使えば良いのかわからなくなる方もいるかと思います。

ここでは簡単にRAW現像ソフトをまとめておきます。

メーカー純正ソフト

カメラメーカーが作成したRAW現像ソフトです。カメラを購入すると、付属しているものです。

無料で使用でき、対応メーカーのカメラ本体やレンズに最適な編集が可能です。

各メーカーのソフトを簡単に紹介しますが、詳しく知りたい方は公式ページを御覧ください。

スポンサーリンク




Digital Photo Professional

Canon純正のRAW現像ソフトです。操作性の改善や新機能の追加などバージョンアップを重ねるごとに使いやすくなっています。

Canonのカメラを購入した方は、まずDigital Photo Professionalで編集や印刷の仕方をマスターして、さらに凝った作品を目指すのであれば、Adobe Photoshop Lightroomなどに乗り換えると良いでしょう。

Digital Photo Professional公式ページ

Capture NX-D

Nikon純正のRAW現像ソフトです。Nikonのカメラの性能をフルに引き出すためのソフトと言われています。

CaptureNX-Dがリリースされる前は、CaptureNX-2というソフトが付属していました。

CaptureNX-2は大変人気でバージョンアップが終了した今でも使用している方は多いかと思います。

Capture NX-D公式ページ

Image Data Converter

SONY純正のRAW現像ソフトです。

動作が遅かったり、少し使いにくい部分もあり、SONYユーザーは次に紹介するCapture One Express for SONYを使用している方がほとんどかと思います。

Image Data Converter公式ページ

Capture One Express for SONY

Capture One ExpressというソフトのSONY特化版みたいなものです。

有償でアップグレード版にできますが、無償版でも十分な機能が備わっています。

他社の純正ソフトと比べると使える機能が多い分、操作が複雑になります。使いこなすまで時間がかかるかもしれませんが、使いこなせればかなり良い作品が仕上がります。

Capture One Express for SONY公式ページ

OLYMPUS Viewer

OLYMPUS純正のRAW現像ソフトです。Lightroomなどと比べるとできることは少なくなりますが、それでも十分に活用できるソフトです。

もっと色々な機能が欲しいと思ったら、Lightroomなどに乗り換えを考えましょう。

OLYMPUS Viewer公式ページ

SILKYPIX Developer Studio SEバージョン

Panasonicのカメラを購入すると付属しているRAW現像ソフトです。

「市川ソフトラボラトリー」というメーカーの「SILKYPIX」というソフトをPanasonicのカメラ用にしたソフトです。

SILKYPIX Developer Studio SEバージョン公式ページ

Digital Camera Utility

PENTAXのカメラを購入すると付属しています。

こちらも「市川ソフトラボラトリー」というメーカーが開発しています。

Digital Camera Utility公式ページ

RAW FILE CONVERTER EX powered by SILKYPIX

FUJIFILMに付属しているRAW現像ソフトです。

FUJIFILMのカメラに最適の現像ができます。

RAW FILE CONVERTER EX powered by SILKYPIX公式ページ

SIGMA Photo Pro

SIGMAユーザーは無料で使えるRAE現像ソフトです。

SIGMAのデジタルカメラに特化したソフトで、バージョンアップを重ねて使いやすさも向上しています。

SIGMA Photo Pro公式ページ

純正以外のRAW現像ソフト

カメラメーカーではなく、ソフトメーカーが開発しているRAW現像ソフトを紹介します。

純正ソフトと違い有料のもので、中には月額制のものもあるので、注意しましょう。

Adobe Photoshop

誰もが一度は聞いたことがあると思います。RAW現像ソフトというより、画像編集ソフトといったほうが良いかもしれません。

プロの写真家はもちろんデザイナーなど様々な人が使用しています。

できることも無料のソフトとは比べ物にならないぐらい多いですが、全てを使いこなすには、かなりの努力が必要になります。

今までのディスク版はかなり高価でしたが、今では月額制になり、Photoshopを始めやすくなりました。

「Photoshop・Elements」という廉価版もあるので、プロ仕様でなくても良い方はこちらを使用することをおすすめします。

気になった方は無料体験版を使用してみましょう。

Adobe Photoshop Lightroom

プロの写真家も使用しているRAW現像ソフトの定番です。

Photoshopの兄弟ソフトのようなもので、写真の編集と管理に特化したものです。

始めのうちは操作が難しいと感じるかもしれませんが、慣れると直感的に操作できるので写真の編集が楽しくなります。

こちらもPhotoshopと同様に無料体験版があるので、そちらを一度試してみてください。

当サイトで使い方ガイドもありますので、参考にしてみてください。

→ Lightroom使い方解説

Capture One Pro

多くのカメラに対応した汎用背の高いRAW現像ソフトです。

多くのカメラに対応しているので、世界中で評価されているソフトです。

欠点という欠点はありませんが、Lightroom と比べると価格が高い点があげられます。

Capture One Proにも無料体験版があるので、Lightroom と比較して自身にあった方を選ぶといいかと思います。

→ Capture One Pro公式ページ

SILKYPIX

市川ソフトラボラトリーが開発しているRAW現像ソフトです。

SILKYPIXの一番の特徴は国内メーカーが開発した、純国産という点です。

以前はPCにかなりの負荷がかかるソフトでしたが、現在では改善されているようです。

水中写真専用版という珍しいものが平行して開発されているので、水中写真を多く撮影される方は一度お試しください。

→ SILKYPIX公式ページ

 

まとめ

簡単ではありますが、RAW現像ソフトについてまとめてみました。

個人的には、現在主流となっているLightroom がおすすめです。

メジャーなソフトなので、解説本が多く発売されていたり、ネットで調べるとすぐに答えが見つかります。

また、カタログ機能があり、写真の編集だけでなく、写真の管理もしやすい点もおすすめする理由です。

しかし、無料体験版もありますので、自身にあったソフトを選ぶのが一番いいと思います。

 

?

スポンサーリンク




KUMISHASHIN │ 組写真

株式会社THANKs TEL 06-7713-1663 10:00~17:00(土日祝を除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社THANKs All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.