Thanks is Happy!

絞り

絞りとは

絞り

「絞り」はレンズの中にあり複数の羽根を組み合わせた構造で、穴の大きさを調節します。

この穴の大きさによって光の通る量が変わるので、光の量を調整することができます。

カメラは、レンズから入った光がセンサーに届くことで、写真を撮影します。

このレンズから入る光を、絞りの羽根を開いたり閉じたりして調整します。

これは一眼レフカメラに限らず、コンパクトデジタルカメラにも採用されている、カメラの基本的な構造になります。

光を調節するということは、写真の明るさにも影響します。

写真にとって、「絞り」と「シャッター速度」は基本中の基本ですが、とても重要な要素になります。

この穴の大きさを示す数値を「絞り値」といい、「F値」と呼ばれる数値で表します。

例えば、F2.8、F5.6、F8などです。

「絞り値」は、数値が小さいほど穴が大きく光をより多く通すことを表し、数値が大きいほど穴が小さく、光を通す量がより少ないことを表しています。

スポンサーリンク

絞り値 

絞り値は、焦点距離を絞りの穴の直径で割った値で表されています。

基本となる「絞り値」は、F1、F1.4、F2、F2.8、F4、F5.6、F8、F11、F16‥‥‥という並びです。

「ひとつ飛ばしで、倍の数値」と覚えておくと便利です。

そして、この数値の間を「段数」で表現し、隣までを「二段」というようにいいます。

絞りは、「絞る」「開ける」などと表現します。

「絞る」は、絞りの穴を小さくして、光の量を少なくすることで、絞り値の数字は大きくなります。

反対に、「開ける」は、絞りの穴を大きくし、光の量を増やすことで、絞り値の数値は小さくなります。

絞りは光の量を調節する機能のほか、写真の画像効果の上でも重要です。

→ 絞り値とシャッター速度の関係

まとめ

「絞り」は基本中の基本ですが、「絞り」を自在に操ることで、様々な写真を撮影することが出来ます。

写真の明るさはもちろん、デジイチ特有の背景のボケも「絞り」で調整することが出来ます。

初めのうちは、光を調整するもの、という認識で構いませんので、徐々に理解を深めていきましょう。

おすすめページ

 

▲トップページへ戻る

スポンサーリンク

KUMISHASHIN │ 組写真

株式会社THANKs TEL 06-7713-1663 10:00~17:00(土日祝を除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社THANKs All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.