Thanks is Happy!

レンズ補正機能【Lightroom 中級】

レンズ補正機能とは

レンズ補正機能とは、収差などによる写真の歪みや周辺の露光落ちを修正する機能です。

この機能は、Adobe社と各カメラメーカーやレンズメーカーとの協力により開発されました。

そのことで、画像データから、撮影したカメラ本体とレンズの機種を読み取り、簡単に補正をかけることができます。

→ レンズ収差について

スポンサーリンク

レンズ補正の手順

レンズ補正のやり方はとても簡単です。

現像モジュールの調整パネルの少し下の方に「レンズ補正」の項目があります。

レンズ補正

レンズ補正の「プロファイル補正を使用」にチェックを入れれば、写真が撮られたメーカー・モデルを現在編集中の画像のデータから読み取り自動で補正してくれます。

メーカー・モデル・プロファイルの項目をクリックすると一覧が表示されます。

メーカーなどが登録されていないレンズで撮影した写真の場合は、一覧から似たレンズを選んで補正することができます。

また、「手動」と書かれた部分をクリックすると、手動での補正も可能となっています。

プロファイルがないものに、違うレンズのプロファイルを適用すると画質が悪くなる場合があります

レンズ補正はプリセットに登録することもできます。

レンズ補正02

プリセットの登録画面の「レンズ補正」の各項目にチェックをいれて作成をクリックすると登録されます。

プリセットに登録することで、一括で補正することができるようになります。

→ くわしいプリセットの登録方法

まとめ

最近では、ほとんどのメーカーのプロファイルがありますが、一部ないものもあります。

その場合は手動で補正し、プリセットに登録しておきましょう。

パッと見ただけでは補正の効果がわからない時もありますが、修正前後を見比べると、歪みや露光落ちがかなり軽減されていることがわかると思います。

ただし、魚眼レンズなどのように、収差を意図的に利用した表現方法もありますので、すべての写真にレンズ補正をしなければならないというわけではありません。

写真に合わせた編集をしていきましょう。

おすすめページ

 

▲トップページへ戻る

スポンサーリンク

KUMISHASHIN │ 組写真

株式会社THANKs TEL 06-7713-1663 10:00~17:00(土日祝を除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 株式会社THANKs All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.