2014年6月組写真

今回は、下の写真について説明していきます。

この小さな写真ではわかりづらいのですが、木の枝の間からうっすら夕焼けが見えています。
なぜこの写真を選んだのかというと、

  • 木の横並びと、真ん中の写真の人の並びが、似ているから。
  • 2013年6月の組写真の様に、3枚の写真の中に色が欲しいから。

以上の2点から組んでいます。

この木の林の中で、仕事をしていた人たちが足跡を残した。
そして、沈みゆく太陽に向かって、その日の想いのような長い影を、引きずりながら家路につく。

という「ものがたり」が出来ました。

次回、もう少し詳細な説明をします。

 

つづく


スポンサーリンク