2014年6月組写真

2014年6月に展示した組写真「成せる事」についての、全体的な説明をします。

以前説明しましたが、この写真は、
中央が 人の写真
上が  近い写真
下が  遠い写真
です。

真ん中の写真ですが

  • ローアングルで撮影している
  • トリミングの時に、一番手前の(右端の人物)人の頭の部分をトリミングで、少しカットしている

この2点から、遠近感が出て、より一層写真に奥行きが感じられるように思います。

それから、もう一つ

この3枚の写真は、撮影の時間帯がすべて夕方の4時半から5時半の間です。

このことから、共通する時間の空気に包まれているので、組んだ時に「うん。うん。」という納得感が得られるのではないでしょうか。

皆さんも、撮影した日も場所も違う写真を、撮影した時間帯で組んでみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク