前回の続きです。201407_ta_line

写真を撮るか、撮らないか、一瞬迷いましたが、うん・・・迷った時は、撮る!

細い草だったので、なかなかピントが合わず、左手で草を持ちながら撮影した、2枚写したうちの1枚です。

てんとう虫(幼虫)にピントを合わせて撮影したのですが、思いのほか草のひげにもピントが合っていたので、これだったら使えると思いました。

そして、草が1本だけでは単純すぎるので、別の草の上の部分を少し入れてトリミングしました。
それからもう1つ、この草の傾き加減(同じ右の傾きではなくほかの2枚の写真を受ける感じ)が、写真を飾った時にちょうどいいように思いました。

最後に、この草のひげが、人物の顔のしわと似ているところです。

右上の遠い写真は、人物の性格を表し

右下の近い写真は、人物の容姿を表しています。

この組写真は、ものがたりというよりも、3枚の写真で「人となり」を表すことが出来たように思います。

私の場合は、柱に飾るのでこの縦の配置になりましたが、人物を真ん中に、左に石垣、右に草のひげの横並びの配置がいいように思います。

201407_fin

 

 

2017年卓上カレンダー完成!

6枚の写真が組み写真カレンダーになりました!

2017cal_side_b

 


スポンサーリンク